スポンサードリンク

2007年08月21日

自由研究のテーマの選び方

自由研究のテーマの選び方ですが、どのように選んだら良いでしょうか。
ジャンル別でオススメを教えながら、テーマ選びのコツをレクチャーしていきたいと思います。

まず、テーマのジャンルには


・実験系


・工作系


・観察系


この3つがあるというのを前回お話しました。

その中でも観察系はちょっと時間がかかるので、8月31日とかにやるのはちょっとキツイと思いますということも言いましたね。

では他の2つはどうなのかというのを考えてみます。


実験系


実験系というは一体どんなものでしょうか。
具体的な例を挙げていくと、

・色々な道具を使ったシャボン玉作り実験

⇒石鹸水を使ってシャボン玉を作る。
 そのときに手のひらで作ってみたり、色々な道具で作ることでどんな形になるかなどを調べてみる。
道具例)泡だて器、ざる、おろし金、穴の空いたフライがえし、その他のキッチン用品など


・水を使った野菜の重さ実験

⇒コップに水を入れて、その中に切った野菜を入れて
 浮き沈みを調べる。
 どの野菜が重くて、どれが軽いのか。
 野菜を切ったときの形を変えたり、水以外の液体を使ったりしてほかにも調べてみる。


・コップの水がこぼれない実験

⇒コップにギリギリまで水を入れてもこぼれない表面張力を調べる。
 水の中にどのくらいの重りを追加すると水がこぼれるのか、どんな重りを使うのか、また水以外の液体を使うとどうなってしまうのか、などを調べてみる。

水以外の液体例)油、醤油、ソース、お茶、ジュースなど


簡単なのはこんなところでしょうか。

これらの実験は道具も家にあるものですからすぐに出来ますし、時間も1時間くらいあれば終わってしまうものばかりだと思います。

手軽に出来る実験を考えて、それをすぐに実行してしまいましょう。
そのときにはデジカメを使って、実験の過程をちゃんと写真で取っておくこと、実験結果についてはノートにまとめておく、などのことはやっておきましょう。

スポンサードリンク

posted by 自由研究 at 18:18| 夏休みの自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。