スポンサードリンク

2007年08月27日

1日でできる自由研究

夏休みの自由研究が1日でできるようなテーマは他にどんなものがあるでしょうか。
日常生活の意外な場所にもテーマがころがっているものですよ。
なにも自由研究は外で調べてきてやるというのが当たり前なわけではありません。
自分の家の中だけでもバッチリやることができるのです。
家の中にある道具を使ったりすることで実験系はすぐに取り掛かれるので早いですね。

でも、意外なところでは実は『人』をテーマにするのが早いのです。

一体どういうことかといいますと、わかりやすい例で言えば、自分の家が何かの商売をやっていたとすれば、両親にお店の店長さんとしてインタビューをするんですね。

ウチのお店ではこんなものを売っていて、誰が売っているのか、どうやって売っているのか、値段はどのくらいなのか、などをまとめて自由研究とするのです。

自分の家の店がテーマですから、写真だって簡単に取りにいけますし、聞きたいことは家族に聞けばオッケー。これは早いですね。

もっとも自分の家がお店って人も少ないでしょうから、それならば近所の商店街などに行って、八百屋さん、お肉屋さん、魚屋さんなどをテーマにしてインタビューをしてくればいいです。

どれか一つの店を細かく調べても良いし、商店街に行くのであれば、商店街マップみたいのを作ってもいいかもしれません。

また、この『人』をテーマにした場合は、お店をやっていなくても自由研究としてやることができます。

お父さんがサラリーマンで、お母さんが主婦だったとして、お父さんは普段、会社でどんな仕事をしているのか、どうやって会社まで行くのか、どのくらい働いているのか、好きな食べ物は何なのか、などを聞けばよいのです。

お母さんは我々が学校に行っている間、どんな仕事をしているのか、どんなところに行っているのか、食事はどうしているのか、好きなものは何なのか、など両親や兄弟をテーマにしてもいくらでも書くことはあるのです。

これは時間がかからないので、家族がオッケーしてくれるならやってみましょう!

スポンサードリンク

posted by 自由研究 at 12:39| 夏休みの自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。