スポンサードリンク

2013年08月30日

自由研究の簡単なやり方

自由研究の簡単なやり方について説明をしていきます。
そんなに難しくないからちょっとやってやるかくらいの気持ちで!
さっそく夏休みの宿題の帝王こと自由研究の攻略に入っていきたいと思います。
効率よく終わらせて少しでも夏休みを満喫したいもんね!

誰もが一度は味わう、テーマの選び方や実際に作っていくやり方を少しでもみんなの助けになるように、自由研究のコツをわたしなりに書いてみますね。

とは言っても夏休みの宿題は自由研究だけではないですから、読書感想文やら工作なんかもちゃんとしっかりやらなくてはダメですよ?
自由研究だけ終わっていても、他が終わっていないのでは、結局8月31日に泣きをみることになりますからね。しっかり終わらせて胸を張って学校に行ったほうがカッコよくないですか?

では自由研究の具体的な話ですけれども、まずは構成について話していきたいと思います。

自由研究の進め方は簡単に分けると

1・テーマ選び


2・実験、観察


3・製作



この3段階にわかれると思います。
非常に単純ですね。


それぞれの項目に対して、さらに効果的に細かく分類はできるのですが、大きく分ければこんなもんです。

まずはこの中で、最初のテーマ選びについて話していきたいと思います。


テーマの選び方


自由研究のテーマは、実験系、工作系、観察系とここでも3つに分けることができますが、まずはこの中から自分が何をやりたいのかを選びます。

まずはここで注意!

観察系は時間がないときに選んではいけません!


いいですか。
ココ大事ですからね。よく憶えてください。

観察系というのは植物や動物、昆虫なんかを観察することをいうのですが、わざわざ説明なんかするまでもないですけど、植物を観察するというテーマを選ぶとすると植物が育つまでの時間がかかりますからね。それは大変です。

昆虫の観察にしようと思っても、まずは昆虫を取りに行かなければなりませんから、これも大変。
でもこの昆虫系をテーマにすると凄く面白いんですけどね。

『カブトムシvsクワガタムシ』

なんてテーマだったら男の子だったら大喜びですよね。


例外として、動物系は時間はそれほどかかりません。
自分の家で飼っているペットなんかの観察をすればいいわけですけれども、そのときは『ペットの1日』という感じで観察することになると思うので、朝から夜くらいまでの写真を取らなければならなくて、やはり少し時間がかかってしまうと思います。

それでも植物や昆虫よりは早いので、時間がないけど、観察系でやりたいというのならば、これを選ぶことをオススメします。
自分の状況とか興味を持ってやれるかなどを考えながら選んでいきましょう!

スポンサードリンク

posted by 自由研究 at 19:03| 夏休みの自由研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。